並木孝雄氏について

★並木孝雄より、後輩パントマイミストへ病床からのメッセージ♪ー1992年ー     January 01, 2018 
★10/18(日)「MIME MINE 2015ー並木孝雄ビデオ上映会」     May 01, 2015 
★2/16(日)「MIME MINE 2014ー並木孝雄ビデオ上映会&上演会ー」     February 17, 2014 
  ★10/31(水)「MIME MINE 2012ー並木孝雄ビデオ上映会ー」     November 01, 2012 
●10/31(日)並木孝雄ビデオ上映&小作品上演会開催♪     November 05, 2010 
■並木孝雄氏プロフィール     May 09, 2009 
師・並木孝雄氏語録のご案内♪     May 08, 2009 
◆並木孝雄氏 短編作品「箱」より 1989年頃     June 08, 2007 
◆並木孝雄氏 短編作品「花」より 1989年頃     June 08, 2007 
◆70年代、80年代の並木孝雄氏のコメント集♪     June 08, 2007 
■パントマイムとは? 1979年、気球座公演での並木孝雄氏のコメントより♪     June 07, 2007 
◆並木孝雄氏 短編作品「蝶」より◆。隠坑牽糠頃     January 01, 2007 
並木孝雄氏 短編作品『蝶』より  1989年頃     July 16, 2005 
並木孝雄ソロ公演「マイムマイン」より     July 16, 2005 
並木孝雄作品「ラプソディ」に魅せられて。。     July 16, 2005 

January 01, 2018

★並木孝雄より、後輩パントマイミストへ病床からのメッセージ♪ー1992年ー

      

                                 夢を持て、一途に夢を追い求めよ。

一所懸命に夢を追い求めよ。

追い求めて夢かなわば可。

追い求めて夢かなわずとも可。

ただ夢有りて追い求めぬは不可なり。

 

平凡の中の非凡。

人を見て人を描け。

迷うな。

我一人ならば迷わぬものを。

何故に迷う。

他が有るから。

何故他を持つ。

他を糧とするから。

他を糧とせず、自らを糧とせよ!!

自らを糧とする方策を探れ。

 

生活様式を作り出せ。

生活に意欲的になれ。

生きる事、生きる事を活かす事、つまり生活。

生きる事。

死までの時間を過ごす事。

旨く過ごせ。

自分の中に人を発見せよ、それが表現。

人を発見して、表せ、それが表現。

 

花や蝶や影を人間に写せ。

人間をスケッチしてパントマイムに表せ。

父を見ろ。

母を見ろ。

 

 後輩パントマイミストへ 病床からのメッセージ 〜1992年〜    並木孝雄



hero163 at 01:08 Permalink Comments(0)

May 01, 2015

★10/18(日)「MIME MINE 2015ー並木孝雄ビデオ上映会」


大盛況、終了いたしました!
ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました!m(__)m

また来年も本企画の開催を予定しております。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします!



======================


TOKYOマイムシティでは、2010年よりご好評をいただいております、
大イベント「並木孝雄ビデオ上映会」を、
今回初めて、我が本拠地である「スタジオエヴァ」でお届けします!!

◆2015年10月18日(日)開演13:00  

◆会場:スタジオ エヴァ(新大久保)
           
“MIME MINE 2015”
―並木孝雄ビデオ上映会―

の開催です!\(^O^)/


続きを読む

hero163 at 00:30 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

February 17, 2014

★2/16(日)「MIME MINE 2014ー並木孝雄ビデオ上映会&上演会ー」

大雪後でお足元の悪い中、たくさんのお客様にご来場いただき、
大盛況のうちに終了いたしました♪
ご来場くださいました皆さん、本当にありがとうございました!\(^O^)/

TOKYOマイムシティでは、2010年よりご好評をいただいております、
大イベントを今年は新春にお届けします♪

◆2014年2月16日(日)開演14:00  

◆会場:フェニックスラウンジ(元パフスペース・早稲田)
           
“MIME MINE 2014”
―並木孝雄ビデオ上映会&上演会―

の開催です!\(^O^)/




続きを読む

hero163 at 11:10 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

November 01, 2012

  ★10/31(水)「MIME MINE 2012ー並木孝雄ビデオ上映会ー」

大盛況、大興奮のうちに終了♪
ご来場くださいました皆さん、ありがとうございました!\(^O^)/

TOKYOマイムシティでは、2010年よりご好評をいただいております、
大イベントを今年もお届けします♪

2012年10月31日(水)・19:30・会場:パフスペース(早稲田)
           (※日程変更・8/30付け)

「MIME MINE 2012
ー並木孝雄ビデオ上映会ー」
の開催です!\(^O^)/

続きを読む

hero163 at 17:40 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

November 05, 2010

●10/31(日)並木孝雄ビデオ上映&小作品上演会開催♪

無事、大盛況のうちに終了いたしました!
ご来場くださいました皆さん、ありがとうございました!m(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

涼しくなっって来ましたが、如何お過ごしですか?

さて、10月31日、15時にTOKYOマイムシティでは
大イベントを開催することになりました!!

芸術の秋にふさわしく、

「MIME MINE 2010
ー並木孝雄ビデオ上映会&小作品上演会ー」

の開催です!\(^O^)/

パントマイム界に多大な功績を遺し、45歳という若さで、志半ばで逝った
並木孝雄先生の存在を多くの方に知って頂きたいのです!

6月の「パントマイムウィーク5」の、「ドキドキわくわくマイム♪」で、
18年振りに、並木先生の作品「ふしぎふしぎ」を上演させていただいたのですが、
その時も多くの賞賛の声をいただきました!(参照:「スクラプス」ブログ・松田さんの投稿より。)

18年という時を経ても色褪せることのない、並木作品の持つ作品力に
演じてる私たちもあらためて感銘した次第です!

並木先生の存在と作品たちを後世に伝承していくことは、
パントマイム伝道師♪シスターひろみの、大きな使命のひとつです!

ビデオ上映とともに、不肖、私、シスターひろみが、
並木先生の小作品も演じさせて頂きます。m(__)m

このタイミングで、この企画を遂行できることを、
ほんとうにありがたく思っています♪

今回のこの超、特別企画!ぜひお見逃しのないようお願いします!
ご来場、心よりお待ち申しげます♪

※お席に限りがありますので、 必ずお早めにご予約ください!

========================

TOKYO MIME CITY PRESENTS #1

“MIME MINE 2010”
―並木孝雄ビデオ上映&小作品上演会―

CIMG3163

1992年、志し半ばで他界したパントマイム界の寵児、並木孝雄氏。
氏の遺したパントマイム作品は時代を超えて人々を魅了し、
今、また注目を集めています。

続きを読む

hero163 at 22:47 Permalink Comments(1) TrackBack(0)

May 09, 2009

■並木孝雄氏プロフィール


namiki_05[1]

◆並木孝雄プロフィール

1946年7月19日 東京生まれ
早稲田大学文学部演劇学科在学中より、日本マイム研究所入所。
1970年 舞無羅(まいむら)結成、各地で公演。
1973年 渡仏、マクシミリアン・ドュクルーに師事。
1974年 帰国、気球座設立。
1975年 東京マイム研究所設立。日本にパントマイムを根づかせ、
成長発展させるために、自由で真剣なソロパンマイミストの
発掘とアンサンブルマイムの確立を目指し、
後進の指導育成及び創作活動に意欲的に専念する。
1992年6月20日 1年半の闘病の末、永眠。享年45歳。

【主な上演作品】
バラード・ラプソディ・花・蝶・煙草・ロングディスタンス・仮面・箱・時よ・
あそび時間・マイムマイン・創世記・黎明記・稲作挿話・そして祈り・メロス・
気球座の動物の謝肉祭・風が・ストライプトストーリー、他。

 



hero163 at 20:00 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

May 08, 2009

師・並木孝雄氏語録のご案内♪

並木孝雄先生の言葉についての考察を
シスターひろみブログでご紹介しています。

以下のページで、ご覧ください!

◆師・並木孝雄氏語録♪

hero163 at 13:02 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

June 08, 2007

◆並木孝雄氏 短編作品「箱」より 1989年頃

02841810.jpg

「箱」



hero163 at 19:07 Permalink Comments(1) TrackBack(0)

◆並木孝雄氏 短編作品「花」より 1989年頃

faba2a9d.jpg「花」



hero163 at 18:22 Permalink Comments(1) TrackBack(0)

◆70年代、80年代の並木孝雄氏のコメント集♪

70年代、80年代、マイムトループ気球座の公演の際に、
パンフレットに掲載された、並木孝雄氏のコメントをご紹介します。

当時の彼のパントマイムに掛ける熱い想いが伝わってきます。

続きを読む

hero163 at 17:31 Permalink Comments(4) TrackBack(0)

June 07, 2007

■パントマイムとは? 1979年、気球座公演での並木孝雄氏のコメントより♪

 細川紘未の師であり、1982年に45歳で他界した、
日本パントマイム界の逸材であった並木孝雄氏が、
1979年に書かれた「パントマイム考」です♪

パントマイムの歴史を知り、「パントマイムとは何だろう?」という
疑問を解消してくれます!ぜひ、お読み下さい♪

続きを読む

hero163 at 08:32 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

January 01, 2007

◆並木孝雄氏 短編作品「蝶」より◆。隠坑牽糠頃

38e5b48f.jpg「蝶」

hero163 at 00:00 Permalink Comments(1) TrackBack(0)

July 16, 2005

並木孝雄氏 短編作品『蝶』より  1989年頃

並木孝雄 「蝶」より    1989年頃

hero163 at 23:32 Permalink Comments(1) TrackBack(0)

並木孝雄ソロ公演「マイムマイン」より


 パントマイムは、無言で、無対象で動く、
そのことによって一つの世界を作り出そうとする。
 
 無言であるだけならば、ダンスもそうだし、
無対象というだけならば、演劇にそういう作品がある。
パントマイムは、無言で無対象で動かなければならない。
 
 パントマイムがもしリリックでファンタジックである
ならば、それは、無言で無対象で語られる話がリリック
でファンタジックであるのではなく、無言で無対象で動
く、そのこと自体が、リリックでファンタジックでなけ
ればならないし、パントマイムが、もし滑稽であるのな
ら、それは、話の転回、変化が滑稽なのではなく、無言
で無対象で動く、そのこと自体が滑稽でなければならな
い。そしてもし、パントマイムが見る人の感動をさそう
とすれば、それは、話の内容が感動的なものではなく、
無言で無対象で動くことによって、作り上げた空間その
ものが、人々を感動させなければならない。
 
 パントマイムはただ一人でできる。それが大きな魅力
であると思ってきた。しかし冷静に考えてみれば、演劇
だって一人で出来るし、ダンスだってもちろんそうだ。
なぜことさら、それをパントマイムの魅力と思ったのか。
今になってみれば、一人で稽古場にこもり、客観という
目にふれず、自己の中で、じくじくとした情念を培養し、
それを放出するのに、無言という状態が適していたから
だと思う。
 
    それならダンスという方法も良いはずだが、
      それはめぐりあわせの妙というやつで、
        僕はパントマイムに出会った。

 
                    並木孝雄
 
1978年7月19日、「マイムマイン」公演パンフレットより(抄)

 


hero163 at 23:28 Permalink Comments(0) TrackBack(0)

並木孝雄作品「ラプソディ」に魅せられて。。

 
もう20年程前、当時、お芝居の勉強をしていた私は、
芝居の役にたちそうだからと、パントマイムを習いに東京
マイム研究所に通いはじめ、並木孝雄先生に師事する事に
なりました。
 
 通い始めて半年程たった頃、並木先生の代表作である
ソロパントマイム長編「ラプソディ」をはじめて観ました。
 
  ーーそれは、あまりにも衝撃的でした!
 
 無言だし、何のセットもないし、たった一人だし、殆ど
無表情なのに、場面やバックの背景や時間が移り変わるの
が感じられ、主人公の心を感じられたのです!
 
 終わりには、鳥肌が立ち、涙がでました!
 
 そして、涙が出た事にとても驚きました!
 
  なぜ、涙がでるんだろう?!
  泣かせる場面もなく、ましてや起承転結のあるストーリーでもなく。
  なんにも言わないし、舞台になんにもないし、たった一人で、
 ほとんど表情もないのに、なぜ?!
 
 今まで見たことのない、初めて出会った表現でした。
 映画でも、演劇でも、踊りでもない、パントマイム!
 
 その時、「あ〜〜〜、こんな表現のできる人になりたい!!」
と思ってしまったのです!
 
 あの瞬間が今の私を創ったといっても過言ではありません。
  
 その並木先生が他界されてから、この6月20日で13年
が経ちました。師匠を亡くした私の歩みは、まさに手探りに
なり、スローなものになってしまいましたが、小さな一歩を
踏み続けて今に至ります。
 
 今回、NYより帰国後、本格的なソロ公演再開を、197
6年に「ラプソディ」で彼が立った事のある、プーク人形劇
場で開催できる事にちょっと興奮しています。
 願わくば、彼の精霊(かなんか?^^)が降りてきて、私
の身体をかりて表現してくれればいいのにとも思ったりして。(^^)
 
 
 
●2005年6月24日(金)25日(土)プーク人形劇場
 細川紘未パントマイムソロ公演
「Spot on sweet girls」パンフレットより
 
 


hero163 at 23:19 Permalink Comments(4) TrackBack(0)

aamall