January 08, 2006

◆「Shall We マイム?!」参加メンバーレポート掲載中♪

 

●佐々木麗明         Goodbye,「Shall We マイム?!」

あー終わった。今回は、なぜかかなりシンドかった。個人作品にしてもア
ンサンブルにしても練習量は、いつもの1.5倍近くやったと思います。そ
こまでやらないと完成しなかったというか、それだけやっても自分で十分満
足できるところまでは行かなかったといいますか。結局、自分(たち)のや
りたい事のレベルが上がってきて、そこまで到達するための技術力・表現力
がないというのが分かってきて、こりゃアカンと思ったから、できるだけ時
間とお金を割いて必死にやらなくてはならなかった。やった分だけ跳ね返っ
てくるものがあって、「継続は力なり」って真実だと実感しました。
 前回試演会の反省から「自分には技術力がない」、だから今回はまず「基
礎力を上げねば恥ずかしくて舞台に立てない」と思い、マイムウォークを家
でひたすら練習。今まであまりやっていなかったのが実はかなり問題ですけ
ど、おかげで、ササマイムウォークからは、少しは脱却できたかな。一つの
事にスポットを当ててやっていけば、上達しやすいのが分かってきたので、
次回試演会までには、「壁」とか、「ロープ」とか「固定点」とか絞って家
で特訓していきたいと思います。
 今回一番大変だったのが、Bチームのアンサンブル。リーダーから、皆が
一つの動きをやって、それがぴたりと合わせて作品にするという提案が出て、
「面白いなとやろう」と安易に考えていたら、待っていたのは、本番直前ま
での試行錯誤の連続でした。前半は、メンバーが揃わなかったので個人作品
を中心に練習していたら、いつの間にか追い込まれてしまって、本番2週間
前の日曜日の夜は、作品自体が未完成で、「どうなるんだろ〜。こりゃ終わ
らん」と思って、それから1週間で必死に作品を完成させて、総見に間に合
って、作品を見せたら、全然音楽に合わせて動きを一致させる事ができず。
本番何とか動きが揃った(らしい)のが奇跡のようだ。こんなプレッシャー
を感じる舞台というのも、後から思えばいい経験になったなと思います。
 アンサンブルの難しさは、メンバーが揃わないことが多い中で、「試演会
」という形の中でどこまで参加を求めていったらいいのか分からないという
事です。最後の方は、本当に間に合わなかったら自主練習を入れて、無理し
て全体の練習量を増やしましたが、「試演会」は劇団ではないから、それに
も限界がある。個人的には、本当はもっともっと時間を取って、作品を原案
に近い方向できっちりしたものをやりたかったけど、それが出来る人とそう
ではない人がいるし、その辺のバランスが難しい!前の試演会でも同じよう
な事を感じたし、これは、その時の個々のメンバーとコミュニケーションを
取って、意見を統一させていくしかないと思います。
 個人作品については、「至上命令」という課題に取り組んだことで、純粋
に技術的なところをしっかり上げていくことができたので、今回はそれが良
かった。個人作品は、まず作品(台本)を完成させるまでに時間がかかって
しまうので、台本が出来上がっている分、その分技術的なところに集中でき
るので、それが大きい。それと、松岡君と二人で同じ作品をやって、彼の作
品を観ることで、自分の出来ていない部分が分かってきて、それがとても勉
強になりました。彼のゲネの時の最終バージョンを見て、「『至上命令』っ
てこういう作りこみができるのか、やられたぜ」と思った次第です。
 頑張った割には、観客の反応があまり芳しくなく、個人作品はもっとテン
ポが合って、明るい作品の方が良いのではと思いつつも、自分の表現したい
ところは、別のところにあって、バランスをどう取っていくのか、それとも
バランスを考えなくてもいいのかが、個人的に今後の課題として残っていま
す。「至上命令」は、本当はテンポがあって、笑いが取れる作品だったらし
いですが、作品の解釈がそもそも違っていたといいますか。
 全体の動きは、回を重ねてきて、まとまってきたと思います。こうじさん
が全体を統括して、それぞれのチームリーダーが自分たちのチームを指揮し
て、その他にもそれぞれスタッフワークの担当がいて、自分の役割が分かっ
ているから、スケジュールからどれくらい遅れているのかも把握しやすいし
、それに合わせてペースアップもできる。
 まだまだ書きたいことが尽きませんが、紙面が尽きました。細川先生、出
演者の皆さん、スタッフの皆さん、観客の皆さん、本当に素晴らしい経験

させてくれてありがとうございます。感謝!
 



hero163 at 17:06 Permalink Comments(0) TrackBack(0) TOKYOマイムカレッジ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

aamall