July 27, 2005

TOKYOマイムカレッジに入校して   研修科 渡辺こうじ

 
「TOKYOマイムカレッジに入校して 」
 
パントマイムって何だろう。
それまでのイメージは顔を白く塗ったピエロでした。
 
16年4月、横浜野毛大道芸へ、何気無しに娘(今はマイムのライバル・共演者、小5)と。
ふと見た“が〜まるちょば”のパフォーマンス。
何も喋らず、多くの観客を魅了しました。  
後日、“が〜まるちょば”の二人に聞いてみたところ、パントマイムだと。
もっとパントマイムのことを調べてみようとインターネットで検索。
すると、5月30日に当カレッジのパントマイム1日集中ワークショップを発見。
早速、娘二人と参加申込みへ。
 
ここで細川先生の言われたことが、パントマイムって何だろう、でした。
そして、これまでに感じたことの無かった驚き
見えないものが見えるんですよ、蝶とか魚が先生によって現出されるんです。
目の前を舞ったり、泳いだり。
えっ、どうして???
 
一緒にパントマイムを学んでいる仲間の大半は役者です。
しかし、娘も私も全く演劇関係のことを知りませんでした。
ましてや、習い始めて半年もしないうちに試演会(定期発表会)に参加するとは思ってもいませんでした。
 
でも、パントマイムは演劇経験者も初心者も分け隔てはしません。
大事な事は、自分の中に何かを感じることだと思います。そして、それを伝えること。
 
パントマイムを知って1年強ですが、多くの仲間やパフォーマーの方々と出会っています。
たくさんの大道芸やパントマイム公演を家族とともに楽しんでいます。
 
「背伸びをしないで、のびのびと続けていくことが大事」と或る方が教えてくださいました。
おそらく、パントマイムが何であるかが判るまでには、まだまだ時間が掛かると思いますね。
 
平成17年7月 TOKYOマイムカレッジ 研修科 渡辺こうじ
 


hero163 at 23:43 Permalink Comments(0) TrackBack(0) TOKYOマイムカレッジ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

aamall