July 16, 2005

並木孝雄作品「ラプソディ」に魅せられて。。

 
もう20年程前、当時、お芝居の勉強をしていた私は、
芝居の役にたちそうだからと、パントマイムを習いに東京
マイム研究所に通いはじめ、並木孝雄先生に師事する事に
なりました。
 
 通い始めて半年程たった頃、並木先生の代表作である
ソロパントマイム長編「ラプソディ」をはじめて観ました。
 
  ーーそれは、あまりにも衝撃的でした!
 
 無言だし、何のセットもないし、たった一人だし、殆ど
無表情なのに、場面やバックの背景や時間が移り変わるの
が感じられ、主人公の心を感じられたのです!
 
 終わりには、鳥肌が立ち、涙がでました!
 
 そして、涙が出た事にとても驚きました!
 
  なぜ、涙がでるんだろう?!
  泣かせる場面もなく、ましてや起承転結のあるストーリーでもなく。
  なんにも言わないし、舞台になんにもないし、たった一人で、
 ほとんど表情もないのに、なぜ?!
 
 今まで見たことのない、初めて出会った表現でした。
 映画でも、演劇でも、踊りでもない、パントマイム!
 
 その時、「あ〜〜〜、こんな表現のできる人になりたい!!」
と思ってしまったのです!
 
 あの瞬間が今の私を創ったといっても過言ではありません。
  
 その並木先生が他界されてから、この6月20日で13年
が経ちました。師匠を亡くした私の歩みは、まさに手探りに
なり、スローなものになってしまいましたが、小さな一歩を
踏み続けて今に至ります。
 
 今回、NYより帰国後、本格的なソロ公演再開を、197
6年に「ラプソディ」で彼が立った事のある、プーク人形劇
場で開催できる事にちょっと興奮しています。
 願わくば、彼の精霊(かなんか?^^)が降りてきて、私
の身体をかりて表現してくれればいいのにとも思ったりして。(^^)
 
 
 
●2005年6月24日(金)25日(土)プーク人形劇場
 細川紘未パントマイムソロ公演
「Spot on sweet girls」パンフレットより
 
 


hero163 at 23:19 Permalink Comments(4) TrackBack(0) 並木孝雄氏について 

トラックバックURL

コメント

4. Posted by 小澤高志   January 07, 2006 01:15

明けましておめでとうございます。
本年も細川さんが並木先生の仕事をより多く、述べ伝える事が出来ます様に、心からお祈り申し上げます。
ヨーソロー…
          小澤高志 拝
3. Posted by 小澤高志   December 06, 2005 20:02
細川紘未 様

お疲れ様です。

並木先生の残された映像(公演や稽古風景、等)をDVDの形でちゃんとした映像アーカイヴで残せないでしょうかね?
気球座・東マ研の中野の時代、2度にわたる移転のバタバタでかなりのヴィデオ・写真・テープ類が散逸してしまっていますよね。個人で所有しておられる方々の協力を仰いで、何とかならないものでしょうか?
かなり厄介で難しい問題かもしれませんが…
まあ、それほど並木先生の思い出は、皆さん一人一人が大切にしておきたいのでしょうが…でもその人達がこの世から去るとき、そこで途切れてしまうとも言えるのだけど…
んー、難しいですね…
                小澤高志 拝
2. Posted by 細川紘未   October 28, 2005 00:49
小澤さん、こんにちわ!

そうなんです、並木先生のこと、
もっと多くの方に伝えて行かなくてはいけないと思っています!
TOKYOマイムカレッジもその一環として、はじめました!
ですが、細川だけでは、まだまだ微力ですので、是非、ご協力くださいませ!

よろしくお願い致しま〜す!!(*^O^*)

細川紘未
1. Posted by 小澤高志   October 27, 2005 19:11
細川紘未 様

これは素敵な項目です。
先生の情報アーカイヴとして充実していけたら良いですね。
並木孝雄という偉大なアーチスト、そして指導者が居た、
と言う事を語り継がなければなあ、
と、不肖小澤も心から思っています。

また、今後細川さんが充実した仕事に恵まれます様、
本当に心から祈っております。どうぞ、お元気で…
 
        スタジオ・オルフェーオ 小澤高志 拝

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

aamall